技術情報

沿革

旭菱チューブ株式会社は、三菱マテリアル株式会社と旭日産業株式会社の共同出資により、平成9年に被覆銅管の製造会社として設立されました。

その後、株式会社神戸製鋼所と三菱マテリアル株式会社の銅管部門が平成16年4月に統合され、株式会社 コベルコ マテリアル銅管が設立されたことに伴い、被覆銅管の製造販売の全てを三菱マテリアル株式会社より継承。平成17年12月には、旭日産業グループの100%子会社となりました。さらに平成19年1月からは、旧明延精工の被覆冷媒管事業の譲渡を受け、販売エリアを大阪以西九州にまで拡大し、北海道から九州までの全国を販売エリアに拡大させました。

しかし、生産の効率化から、平成23年1月からは、譲渡を受けた明延の被覆冷媒管事業を行田へ統合し1工場体制となり、現在に至っております。

会社案内イメージ写真

会社概要

商号旭菱チューブ株式会社(キョクリョウチューブカブシキガイシャ)
設立平成9年7月1日
資本金20,000,000円
株主旭日産業株式会社
事業目的

1.被覆銅管の加工事業

2.前号に付帯する一切の事業

所在地

【本社】
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町1-1-6

【行田工場】
〒361-0013 埼玉県行田市真名板1392

【関西サテライトオフィス】
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル25F

代表者取締役社長 児玉 幹雄
決算期3月

アクセスマップ

旭菱チューブ株式会社

【行田工場】

所在地:埼玉県行田市真名板1392

TEL:048-559-1230
FAX:048-559-1231

アクセスマップ

【関西サテライトオフィス】

所在地:大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル25F

TEL:06-6452-1611
FAX:06-6347-0660